--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2009/09/26

レッドクリフ Part1

↓BGMとして聴きながらごらんくださいキラキラ



今更ながら、はまりました!!


元々中国史だーーーいすきだったのに、なんだこのスケールは!!きゃー!

メリカ頑張りすぎなんだぜーーー!!!ハート



かなり脚色してありますが、ああいう戦いがあの時代にあったことは確かで、

その間日本はまだまだ卑弥呼も登場してないというwww


あーほんっと中国凄すぎる!!キラキラ



実は、中国史大好きなくせに三国志読んだことなかったんです・・・

読んだとしても黄巾党のところまで(要するに頭のみ汗とか


だって!宮城谷さんのがみつからなかったんだもん!!!(←言い訳



でももう決めました!

全部読みます!!

TUTAYAで宮城谷さんの見つけたし!!てへっ



ここから下は、感想~~~

めちゃめちゃ長くて、かなり真面目(なつもり)ですww





映画全体の感想としては、

タイトル通り赤壁(レッド・クリフ)の戦いに焦点を絞っているので、詳しく描かれていると思います。。

(原作読んだ父からしたら、ちょっと物足りなかったようですが・・・)



ハリー・ポッターの3作目(アズカバン)からの作品のように、

どこにも焦点を置けずに全体がまとまらないことが怖かったんですが、

そんなことなかったですねエヘ


的を絞っているせいで、最初が「あらすじ」って感じでまとめられてるのはちょっと残念でしたが…

やむおえないですね苦笑2

はい。。我慢しますww




えっと、中国語版はまだちょっと視力の低い女子高生にはしんどくてですねぇ…

やむなく日本語で観ました(コンタクトにしたい…泣


まず、声優陣がとっても豪華でしたね!!キラキラ(結局そこww

皇帝陛下が石田彰!

周瑜が山ちゃんこと、山寺宏一!

孫権が平田広明(ジャック・スパロウ)!

孫尚香(孫権の妹)が朴璐美!

甘興は…まぁ、元々が中村獅童なんで、そのまんま。。


まだまだ、「あれ!?この声…!!」っていうのばっかりですハート






次に、音楽が凄すぎる!!!

今聴いてくれてます??


スケールが大きくて、低音がきいてる感じが素敵ですよね!!2つ星

元々壮大でアジアンテイストが入ったような曲が大好きなので、もうどつぼでした!!


多分聴けばおわかりかとwww






次が構成ですね!!!


私が個人的に思うに、中国史の面白い所って、

『策をめぐらし、互いに相手の先手を読みながら、確実に勝利への布陣を敷いていく』

ところだと思うんですよ!!


文字だったら、主人公の心の声を書いたりすれば簡単にその場面を再現できますが、

映像にするとなるとなかなか難しい…

今までそれができてなくていまいちだった映画・ドラマもいくつかありました。。


ですが、この映画はその場面がすばらしい!!!


策を巡らせることにおいて、三国志では孔明が一番重要です。

(この映画はあくまで劉備&孫権の方から見ているので。。)


主役は雰囲気的に周瑜なので、周瑜をメインに立てつつも孔明が大活躍しています。




ちょっとネタバレ!!!


たとえば、曹操が最初に赤壁に攻め入ってくるときの軍略会議。

周瑜メインで話をしている最中。

(ちなみに赤壁は川のすぐほとりにあります)



孔明「亀卜(きぼく)陣を敷かれてはいかかです?」

 亀を地図の赤壁の位置へ乗せる


張飛「何を言っている!亀は水に浮けん!!」

 亀を水がめに放り投げる。

 亀が沈む。。


シーンが変わって・・・・曹操軍


曹操「OO(名前忘れた汗とか)!お前は陸路で奇襲をかけろ!

    敵は水路で来ると思っているだろう」


またシーンが変わって・・・・赤壁


尚香「陸亀を水に入れてどうするの!!?」

 亀をすくいあげる。



かなり省略してますが、すごくないですか!?この表現の仕方!!

要するに、孔明は曹操が陸路で奇襲をかけてくることを予想した上で

亀卜の陣を提案したんです!!


こんなシーンがやたらと出てくるし、さらに戦闘の仕方が面白い!!

亀卜の陣は見てびっくりですよ!!





珍しく真面目に語ってみましたww



これ読んで、少しでも興味もってくださったら嬉しいですjumee☆faceA4



以上!!

孔明役の金城武さんにはまりそうなあすかでしたーーー!!ノシ

スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

18:14 | 映画COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

中国にはあまり興味ないが

石田さん
平田さん
朴さん

には興味がwwwww

No:139 2009/10/04 10:45 | 支葵 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理人だけに秘密の話

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。